薬剤師の求人を見て思ったこと

最近、薬剤師の求人情報をずっと見ている。しかし、僕は薬剤師ではなく弟が薬剤師の資格を取得したのだが、あまり良い求人がないようなので、手伝ってあげているのだ。近年、薬剤師は飽和状態になりつつあると言われているものの、まだまだ薬剤師の求人は減ることはない。最近では大手のドラッグストアからも求人があるようでなかなか盛り上がっていると言えると思う。正直、給料も弟が就職したらすぐに追い越されてしまいそうだし、勤務時間もかなり楽なところが多い。その分、その知識が買われるということになるのだろう。僕も羨ましくなって色々と調べたのですが、やはり甘くはありません。とにかく国家試験の合格率は80%とかなり良いみたいなのですが、その試験資格を得るための試験だったり、課程が非常に難しく、薬剤師の求人を見て「いいなー」というレベルで資格が取れるようなものではないそうです。(笑)だから、こうして弟の手伝いをして、ゆくゆくは色々と助けてもらおうという魂胆なのです。

薬剤師の求人がいつも絶えない

ネットや雑誌の求人情報を見るたびに薬剤師の求人の多さ、そして給料の良さにずっと羨ましがっていました。知識や技術が買われる職種なので年齢の制限もほとんどありませんし、勤務時間も全然少ないようです。また、ドラッグストアの急増で薬剤師の求人も年々増えているようですし、当分は薬剤師の求人関係が飽和することはないそうです。ただ、やはりそんなに甘くありません。国家試験の合格率は80%なのですが、その前にその試験資格を得るまでの課程が非常に難しいようです。大学でもしっかり勉強しなければなりませんし、その後もかなり頭が良くないと仕事にならないそうです。自分が風邪をひいて処方箋を取りに行くと、いつもゆったりとした雰囲気で「いいなぁ」なんて思っていたのですが、薬剤師の方々は僕らが遊びほけていた学生時代にたくさん勉強をしていたのでしょう。さて僕は僕なりに頑張って仕事をしなきゃね。薬剤師の求人サイトのデザイン案がまだ出来ていなかったんだ(笑)